犬との暮らし
  1. はじめに
  2. どんな生活になるか?
  3. どんな目的?
  4. 家族構成・生活スタイル
  5. 費用と時間
  6. 住宅環境
  7. 最低限の犬の知識




犬の行動・習性・健康
しつけ
おすすめ本

ハル情報
2005年2月7日生
*script by KT*






長女
2005年9月16日生
*script by KT*

長女の成長曲線
(0ヶ月~6歳)



次女
2009年8月11日生
*script by KT*

次女の成長曲線
(0ヶ月~6歳)



赤ちゃんとの暮らし
(長女編)
5.娘とハルの経過
 スポンサーサイト  /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│trackbacks(-)│comments(-)
 ペットと暮らす  /2006年02月16日(木)
NHK教育テレビで毎週土曜日に「すくすく子育て」という番組があり、子育てをする上で、とても勉強になるので、欠かさず見ています。
先週のテーマは「ワンちゃん大好き~ペットと暮らす~」だったので、興味深く見てました。

獣医師の柴内裕子先生が解説をされていて、とても参考になりました!
以下は先生が子供と犬が暮らす中での注意点などをアドバイスされていたものです。
******************************************************
・犬のしつけがしっかり出来て、飼い主との信頼関係がしっかり出来ているところに赤ちゃんが来るのが理想的。

・最近では研究が進み、0歳児から犬や猫など毛がある動物と暮らしていた子供達はアレルギー性鼻炎、喘息が少ないというデータがある。免疫力を一定の時期までに支えるアレルゲンがあることは大事。不潔恐怖症のお母さんが増えているが、清潔で健康な犬なら大丈夫。

・犬の種類、性格をよくみてから飼うのが大切。

<室内で犬を飼うときの注意点>
・部屋を清潔にし、整理整頓をする
・人と犬の食事を必ず分ける
・運動不足にさせない
・犬の健康に気を配る
・愛情を注ぐ
・子供と犬だけにしない

<子供の精神面のメリット>
・我慢することの経験
・表現能力と高める
・心の安定
・動物との別れの経験
*******************************************************
娘とハルがいる暮らしの中で、ちょっと大変なこともあるけれど、今回のアドバイスも参考にして、楽しい時間を過ごしていきたいと思いました~♪
DSC052021.jpg

★人気ブログランキング★に参加中です!
1日1回有効、ワンクリック、お願いしま~す♪

2006/02/16(Thu)12:20
記事・ニューストラックバック(0)コメント(0)
<<予防接種 │ HOME │ 戻って来た靴下>>

  管理者にだけ表示を許可する

http://dog1baby1.blog23.fc2.com/tb.php/193-eba3722e
 │ 日記TOP │ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。