犬との暮らし
  1. はじめに
  2. どんな生活になるか?
  3. どんな目的?
  4. 家族構成・生活スタイル
  5. 費用と時間
  6. 住宅環境
  7. 最低限の犬の知識




犬の行動・習性・健康
しつけ
おすすめ本

ハル情報
2005年2月7日生
*script by KT*






長女
2005年9月16日生
*script by KT*

長女の成長曲線
(0ヶ月~6歳)



次女
2009年8月11日生
*script by KT*

次女の成長曲線
(0ヶ月~6歳)



赤ちゃんとの暮らし
(長女編)
5.娘とハルの経過
 スポンサーサイト  /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│trackbacks(-)│comments(-)
 おもちゃ  /2005年08月31日(水)
私のお腹はすごい勢いで大きくなり、動くのもちょっとしんどい感じになってきました。(^_^;)

ハルと一緒に遊ぶのもあまりハードに体を動かせないので、ちょっとした工夫をしたおもちゃを作ってみました!

いらなくなった靴下に3mくらいのロープをつけて、単にブンブンと振り回して遊ぶのです。

これだとソファーに座りながらにして、ロープを投げたり引いたりするだけで、ハルは靴下目掛けて、あっちに行ったり、こっちに行ったり、かなりハァハァするくらいの運動が出来るのです。魚釣りのように、ハルを釣ってみたり、なかなか楽しめるアイテムです!
DSC03891.jpg


スポンサーサイト
2005/08/31(Wed)22:57
ハルのエピソードトラックバック(0)コメント(0)
 スーパードッグ  /2005年08月30日(火)
一昨日、NHKで「集合!世界のスーパー犬」という番組がありました。以前も見たことがあるので再放送のようですが、また見てしまいました。

人と犬との関係は古い歴史があり、古代エジプト文明やギリシャ神話などにも犬が登場します。今でも家の門などに貼る「犬に注意!」という標語は、古代ローマ時代からあったそうです。

番組では、世界で活躍しているスーパー犬の紹介がありました。
スイスの「雪山救助犬」はこの300年間に2,000人以上の人を救ったそうです。
他にも「水難救助犬」や「地雷を発見する犬」、「密輸品の発見をする犬」、「てんかん発作を事前に察知する犬」、「狩猟犬」など、どの犬の能力も素晴らしく感心させられました!

犬は人にとってはかけがえのない動物で、犬に助けられて生活している人はとても多いのかもしれませんね。

2005/08/30(Tue)22:54
記事・ニューストラックバック(0)コメント(0)
 初めてのトリミング  /2005年08月28日(日)
今まで自己流でハルの毛をカットしてきましたが、さすがにあまりにもザンギリ状態になってしまったので、一度、ちゃんとトリミングに出しに行くことにしました!

いつも行っている動物病院でトリミングをお願いしました。
トリミング前:
DSC03837.jpg


トリミング後:目の輝きまで変わった感じ!
DSC03839.jpg


すっかりキレイにカットされ、リボンまでつけてもらい、カワイコちゃんになっちゃいました。
まるで女の子みたい。
動物病院だと、耳の中や皮膚の状態までちょっと気になることがあると、すぐに見てもらえるので安心でした。

2005/08/28(Sun)22:50
ハルのエピソードトラックバック(0)コメント(0)
 ドッグラン(その2)  /2005年08月27日(土)
今日は久し振りにハルを連れてドッグランに行きました!

10頭ほどのワンちゃん達が来てました。
どの子も追いかけっこをしたり、ボール遊びしたり、楽しそうにしていました。

一方、ハルは・・・。
まだこのような場に慣れてないこともあり、なかなか他のワンちゃん達と遊ぶことが出来ずに、せっかく、遊ぼうよー!と来てくれるワンちゃんに対しても脅えて、しっぽを丸めてしまうのでしたぁ。。。
しっぽが無くなってる・・・。
DSC03816.jpg


どうしても、私の足元から離れられず・・・。
DSC03821.jpg


ビビリまくるのでした・・・。
DSC03825.jpg



2005/08/27(Sat)22:46
ハルのエピソードトラックバック(0)コメント(0)
 犬が病気診断?!  /2005年08月26日(金)
今日の新聞で「50年後には犬が病気診断?!」という記事に目が留まった!

東京大学と野村証券が共同で、50年後の未来を想定し、未来生活を描いたCGを来月のシンポジウムで上映するそうです。その中で、嗅覚で人の病気を診断する犬も想定されているようです。他にも今回発表する「未来技術」は、宇宙ステーションと地球をつなぐ軌道エレベーター、その人の肌の状況に応じて自動的に配合される美容液など約20ほどが紹介されるようです。面白そうなシンポジウムですね。

で、犬の話しに戻ると、現在も「人の癌を発見することが出来る犬」というのを以前、テレビで見たことがあります。確かアメリカだったと思いますが、犬に癌患者の体を隅々まで嗅がした時に、癌のある場所に反応を示す犬でした。
他にも、尿の臭いや吐く息によって、癌があるかどうかを発見することが出来る犬もいるという話も聞いたことがあります。

実は私の知り合いの人からの話しで、愛犬がやたら膝を舐めるようになり、不思議に思っていたら、なんとそこに癌が発見された。という話しを聞いたことがあります。

他にも発作が出る前に感知する犬や地震を予知する犬がいるとか、まだまだ隠された犬パワーが存在するのかもしれませんね!

ハルにも何か不思議なパワーないかなぁ~。
う~ん、あまり期待できなさそう・・・。

DSC03446.jpg


2005/08/26(Fri)22:43
記事・ニューストラックバック(0)コメント(0)
 妊婦定期健診(その5)  /2005年08月25日(木)
今日で妊娠10ヶ月、いよいよ臨月に入りました!
定期健診では、赤ちゃんは順調に育っていて、推定体重は2,599gになり、この2週間で300gほど体重が増えました。この時期の赤ちゃんはどんどん大きくなっていくようです。

この1ヶ月間で、私の体重は400g減り、赤ちゃんは730g増えているので、実質、私はちょっと痩せたようです。良かった!実は妊娠9ヶ月目で、既に10kgも太ってしまっていたので、太りすぎていたのです・・・。食生活をちょっと気をつけただけなのに、けっこう効果が出ているようで良かった。

そして、赤ちゃんの卵巣嚢腫は大きさに変化はなく、相変わらずあるので、まだ心配です。。。
今日は3D検査の日だったので、顔が見れると喜んでいたのに、赤ちゃんはずっと下を向いたまま熟睡していたようで、結局、グーの手しか映りませんでした・・・。残念!

baby.jpg



2005/08/25(Thu)22:41
妊婦と赤ちゃんトラックバック(0)コメント(0)
 避妊・去勢について  /2005年08月23日(火)
今日、横浜市から、「猫・犬の不妊去勢手術費用の助成」の当選通知が来ました!
横浜市では、毎年、抽選で、猫、犬2000頭に対し、不妊去勢手術費の助成金として5000円を出してくれるのです。

最近は、不妊・去勢手術をするように推進し、助成金を出している市町村が増えているようです。(助成金額は市町村によって違います。)
ハルも去勢をすることを考えているので、今回、応募して、当選したのでラッキーでした。

不妊や去勢することについては、いろいろな意見があると思います。
「病気でもないのに手術するなんてかわいそう」「自然のままでいいじゃないか」「費用もかかるし」と、私も最初はそう思ってました。
しかし、いろいろと学んでみて、不妊や去勢にはメリットがあることを知り、そして、ハルを去勢することにしました。

避妊・去勢手術をするかどうかは、最終的には、飼い主さんの決断次第です。
避妊・去勢のメリット、デメリットを学んでみて、飼い主さんが愛犬とどのように暮らしていくかを考え、慎重に検討し納得し、最善と思う選択をするのが良いかと思います。

2005/08/23(Tue)22:36
ちょいとご参考!トラックバック(0)コメント(0)
 クールマット  /2005年08月22日(月)
先日、ネット販売で、トイレシートを買ったら、ペット用クールマットが安く購入できる企画があり、ついひかれて買ってしまいました!

それで、今日は、クールマットを早速試してみました!

大きさは、95x50cmと大きめで、メッシュ袋の中に保冷材を入れるタイプのものでした。
しかし、ちょっと驚いたのは、その保冷材を3つ使うのですが、一つの保冷材につき、3リットルの水を吸い込ませるのです。なので、出来上がったシートは9キロにもなるわけです。
この重さにはちょっとビックリ!

さらに、思ったほど、冷たくもなく、フローリングの床のほうがよっぽど冷たく感じるくらいでした。

よくよく説明書きを読んでみると、「本品は「冷たい」と感じるものではなく、上に乗っていると涼しく感じる程度のものです。冷えすぎによるペットの体調をくずす原因にならないように配慮しております。」と書かれていた。
そ、そんなもんなんだぁ~。。。と思いつつ、ハルの反応を見ることにした。

DSC03648.jpg


ハルはいつものごとく、初めて見るクールマットにおどおどしていたが、すぐに興味を示し、しばらくすると、ちゃんと乗っかっていた!
ちょっとしたクッション性もあり、気に入ったようで、その後も、よく上に乗ってくつろいでいるので、良かった良かった!



2005/08/22(Mon)22:34
ハルのエピソードトラックバック(0)コメント(0)
 モンキードッグ  /2005年08月20日(土)
今日の新聞に、「サルの食害、イヌで撃退」という記事がありました。
長野県大町市で、農家の飼い犬を集中訓練してサルを追い払わせる「モンキードッグ事業」が始まったそうです。

大町市では近年、サルによる被害が急増しており、2000年度の被害額は約670万円だったが、2004年度は約2千万円になったそうで、電気柵やかかしなども効果はなかったそうです。

そこで、今回、作物を守る為に3匹の犬が訓練所で3ヶ月の特訓を受け、「サルの姿やいおいに反応し、吠えるだけにするようにしつけ」、畑や果樹園の警備に一躍かっているそうです。

盲導犬、介助犬、セラピー犬などはよく聞きますが、モンキードッグというのは、新しいアイディアで面白いですね。ぜひ頑張って活躍してもらいたいですね。


2005/08/20(Sat)22:33
記事・ニューストラックバック(0)コメント(0)
 上の犬歯が抜けた!  /2005年08月19日(金)
今日は、ハルの左上の犬歯(乳歯)が抜けました!
乳歯が6月中旬頃から徐々に抜け始め、だいたいの歯が永久歯に生え変わりました。

そして、ハルの歯をよくよく観察して見ると、右上の犬歯の乳歯が抜けてないのに、永久歯が既に生えてしまっていました。

これは、「乳歯遺残症」という状態で、不正咬合の原因や、歯肉炎、歯周疾患の原因になるといわれています。

乳歯をそのまま残しても問題ない子もいるようですが、乳歯を抜くことを進めている獣医さんが多いようです。
DSC03867.jpg

もしかしたら、もうちょっとしたら自然と抜けるかもしれないのですが、今後、どうするか、獣医さんに相談してみようかと思いました。

2005/08/19(Fri)22:30
ちょいとご参考!トラックバック(1)コメント(0)
 やっぱり夏はスイカだね!  /2005年08月17日(水)
夏と言えば、スイカ!
私はスイカが大好きで、妊婦のむくみにも良いというので、最近、毎日のようによく食べてます。

スイカは、ビタミン、ミネラルなどバランスよく含まれ、特にカリウムが多く含まれてます。
体のむくみを取る、腎臓に良いとされ、カリウムは利尿作用を高くし、塩分を腎臓から尿へ排出する働きがあるため、腎炎、膀胱炎、高血圧にも効果があるとされてます。また体の老化を促進する活性酸素を抑制するリコペンもスイカには含まれており、健康、若さを保つためにもとても魅力的な果物だそうです。
ただし、体を冷やす作用があるので、冷え性の人や下痢の時には注意が必要みたいです。
そこで、私が食べ終えたスイカをちょっとハルにもおすそ分けしてみました!
DSC03520.jpg

初めてのスイカなのに、なんの躊躇もなく、ガジガジと食べてました!

2005/08/17(Wed)22:28
食べ物・おやつトラックバック(0)コメント(0)
 熱中症  /2005年08月16日(火)
毎日、暑い日が続いており、人間もバテ気味になってしまいますが、ワンちゃんは人間以上に暑さに弱く、熱中症にかかりやすいと言われてます。

人間は全身にある汗腺から汗をかくことで体温調整が出来ますが、ワンちゃんは体表に汗腺がほとんどなく、(肉球などに汗腺がある)呼吸による空気の入れ替えだけで体を冷やすので、体温調整がとても大変です。なので、体に熱がこもりやすいそうです。

特に鼻の短い、シーズー、パグ、ペキニーズ、ブルドッグなどの短頭種犬は、鼻腔が短い分、器官に入る空気が暑かったり、咽頭が狭く呼吸に問題があるなどの理由で、体温調節が難しいそうです。

熱中症とは、湿度や気温が高く、換気が悪いと十分に体温を下げることが出来ずに、体温が上がり過ぎた状態になることです。
熱中症を起こすと、呼吸が荒くなり、大量のよだれを出したりし、症状が重くなると、脱水症状になり死に至るケースもあるそうです。

熱中症になってしまったら、体(脇の下や足の付け根が効果的)、頭にも水道水をかけ、とにかく体温を下げることが先決です。
原因として多いのは、室内で冷房もいれずにお留守番をさせたり、車内に閉じ込めておいてしまうケースが多いようですので、気をつけたいですね。
屋外で飼っているお家では、風通しの良い、日陰のある場所を作り、いつでも水を飲めるようにして、ワンちゃんが場所を移動出来るようにリードを長めにするなどの工夫が必要ですね。

熱中症にかからない為にも、お散歩は日中の暑い時間は避けて、早朝や夕方以降の暑さが和らいだ時間に行きましょう。
地面を直接、手で触ってみるとよく分かりますが、道路ってかなり熱いんですよね。

ちなみに、「ペディグリーのワンちゃん夏バテ予報」のサイト(http://www.pedigree-otenki.jp/)でお散歩時間の目安が出てますのでちょっと参考に良いかもしれませんよ~。


2005/08/16(Tue)22:25
ちょいとご参考!トラックバック(0)コメント(0)
 ポチが鳴いているよ  /2005年08月15日(月)
今日の新聞に、外出時もペットを見守るシステムをが開発されたとの記事が載ってました。

これまでも似たような製品はあったと思いますが、今回の製品は、離れた部屋や外出先の飼い主にペットの機嫌や行動を知らせるもので、吠えたり暴れたりしているのをセンサーやマイクで探知し、メールなどで飼い主さんに通知する、というものだそうです。
暴れているなどの異変を察知すると、飼い主がいる部屋のパソコンや携帯に、「ポチが鳴いているよ、行ってあげて」などメールが来るそうです。

しかし、外出先で、いきなり「行ってあげて~」なんてメールが来たら、心配で居た堪れなくなっちゃいますね。(^_^;)



2005/08/15(Mon)22:19
記事・ニューストラックバック(0)コメント(0)
 増え続ける体重・・・。  /2005年08月13日(土)
ハルはちょうど生後6ヶ月になりました!

しかし、6ヶ月のトイ・プードルには見えないくらい、体が大きく、体重もどんどん増え続けています・・・。
ちなみに体重の増加はこんな感じです。
2月7日生まれ
4月15日 2.4キロ
5月7日 3.2キロ
6月21日 4.2キロ
7月14日 4.7キロ
8月9日 5.2キロ

成犬のトイ・プードルのオスの基準体重は3キロ前後(2~5キロと本などによってもだいぶ差がある)のようなので、ハルはかなり大きめのトイ・プードルのようです。
しかも、胴長短足っぽいし、本当にトイ・プードルなのかと疑ってしまうことがある・・・。

獣医さんに見てもらっても、太っているわけではないようだし、もともと体つきが大きいようです。
他の犬種でも、大きさの違いは個体によって、だいぶ違うことはよくあるようですね。

DSC03502.jpg


ちなみに、プードルは、体高(肩の最上端から地上に至る垂直線の高さ)によって、スタンダード(体高45~60cm)、ミディアム(体高38~45cm)、ミニチュア(体高28~38cm)、トイ(28cm以下)という種類に分けられます。(JKC基準)
ハルの体高を測ったら、ちょうど27cmだった。今のところはギリギリセーフ!

最近は、ティーカップ・プードルというティーカップに入ってしまうくらいの本当に小さいプードルの存在もありますが、あれは、トイ・プードルの未熟児とされて、種類分けはされていないんですよね。私も一度、実物を見たことがありますが、小さすぎて、何だか不安になってしまいましたね。

かくしてハルはどこまで大きくなるんだろうか・・・。



2005/08/13(Sat)22:16
ハルのエピソードトラックバック(0)コメント(0)
 効果音CD  /2005年08月12日(金)
夜になって、横浜では雷が鳴り出しました。そして雨がすごい勢いで降ってきました。

しかし、ハルは窓際で全然脅えることなく、涼んでいました。
けっこう大きな雷が鳴っているにも関わらず、平然としてる様子は意外でした。
私のほうが、雷の音にビックリして、わぁ~!という声を出してしまい、それに驚いて、ハルが吠えたりしていた。(^_^;)

そーいえば、うちにハルが来た当初、いろいろな音に慣らす為に「効果音CD」をよく聞かせていました。
その中には雷の音も入っていたし、そのお陰かもしれないと思いました。以前もご紹介しましたが、このCDの中には、雷、救急車、チャイム、掃除機、赤ちゃんの鳴声、おならの音まで様々な音がバリエーション豊かに入っているCDです。子犬の頃からいろんな音に耳慣らしをしておくのはとても有効だと思いますよ。

雷が嫌いなワンちゃんは多いようで、ビックリしてパニックになり、逃走してしまうワンちゃんもいるようなので、気をつけたいですね。



2005/08/12(Fri)22:06
ちょいとおすすめ!トラックバック(0)コメント(0)
 妊婦定期健診(その4)  /2005年08月11日(木)
妊娠9ヶ月に入り、赤ちゃんも順調に育っています。
赤ちゃんの推定体重は2,289gになり、お腹の重さを徐々に感じつつあります。

しかし、心配している赤ちゃんの卵巣嚢腫に、また異変が・・・。
大きさは最初、発見された時は3センチほどあり、それから2週間後に4センチと大きくなり、今回は3センチ大になり、ちょっと小さくなったのだけれど、卵巣嚢腫の中に血液か何か液体らしきものが入っているのが確認されました。エコーで見てはっきり分かるんですよね。

更に、赤ちゃんが下りてきているので、早産の危険があると言われ、しばらく安静にして下さいとのことで、何だか次から次へと心配ごとが増えてきてしまった・・・。

出産前にまだやりたいことがいろいろあるので、ちょっと待ってくれ~と焦る今日この頃です。。。



2005/08/11(Thu)22:02
妊婦と赤ちゃんトラックバック(0)コメント(0)
 侵入者!?  /2005年08月09日(火)
夜9時頃に、ハルがけたたましく庭に向かって吠え出した!

最近、物音に敏感になり、吠えることがあるので、また人が通りを横切ったくらいだろうと思って、大丈夫だからと促していたが、なかなか吠えやまなかった。

今までない異常な吠え方でおかしいなぁと思いつつ、すぐに窓を閉めたが、それでも吠え続けてた。
仕方ないなぁ、誰もいないでしょ。と言うつもりで窓を開けお庭を確認してみると・・・。
そしたら、なんと、うちのお庭で黒い物体がウロウロしている!!

私までビックリして、うえわぁ~!と思わず変な声をあげてしまった!
ハルは更にすごい勢いで唸り続けた。
よくよく見ると、なんとダックスちゃんがうちのお庭を駆けずり回ってるではないかっ!
本当にビックリした!!!

近くでおじさんが、名前を呼んだり、口笛を吹いたりして、一生懸命ワンチャンを呼び寄せていた。すぐにダックスちゃんの姿は消え、おじさんがウロウロと探す様子があっちへ行ったりこっちへ行ったりしていた。

ダックスちゃんは家のお庭が気に入ったのか、しばらくしてまた遊びにきた。
さすがに捕まえてあげないとおじさんも大変だぁと思い、窓を開けると、ダックスちゃんは縁側に手を掛け、こっちを向きシッポをブンブン振って、あそぼー!!と言っているようだった。とっても人懐こいワンチャンのようで、ナデナデしたら嬉しそうにして大人しくしていた。
おじさんに「どうぞお庭に入って来て捕まえて下さい」って言うと、犬のブラシを片手に持ったおじさんが来て、無事ダックスちゃんは確保されていきました。迷子犬にならなくて良かったけど、ワンチャンにしてみれば、おじさんとの追いかけっこを楽しんだことでしょう!
しかし、ビックリな出来事でした!

2005/08/09(Tue)21:59
事件?!トラックバック(0)コメント(2)
 足のむくみ  /2005年08月08日(月)
妊娠9ヶ月になり、最近、足のむくみが気になり始めました。
妊婦にはよくあることのようだけど、今日はそのむくみに驚いた!

ソファーに座っていた時、ハルが私の太ももの上に足を5,6秒乗っけていました。
そして、すぐにハルは下に降りたのだが、ふと、太ももを見てみると・・・。
なんと、ハルの足型がクッキリと太ももに残っているではないかっ!
DSC03522.jpg

最初はあまりにもビックリして、眺めていたのですが、ダンナがすかさずカメラを手にしました。
薄っすらと足型がついてのが分かりますかね?!(^_^;)
2005/08/08(Mon)21:56
妊婦と赤ちゃんトラックバック(0)コメント(0)
 玄関がお気に入り  /2005年08月07日(日)
毎日暑い日が続いてますが、みなさんちのワンちゃんは元気にしてますか?

ハルは最近、すっかり玄関がお気に入りの場所になりました。

大理石のヒンヤリ感が心地良いようで、あれ?!どこ行っちゃったんだろう?と思うと、一人で玄関で寝ていたりします。

DSC03515.jpg


2005/08/07(Sun)21:54
ハルのエピソードトラックバック(0)コメント(0)
 トリック(芸)  /2005年08月05日(金)
ハルには、毎日少しずつ、しつけやトリックを教えてます!

今、出来ることは、「オスワリ」「フセ」「マテ」「テイク」「オイデ」「オフ」「アップ」「ダウン」「タッチ」「ダッコ」「ステイ」「ツケ」「ヒールフォーク」「右ターン」「左ターン」「ジャンプ」などが出来ます。

そして、今は、「バーン」と言ったら、コロッと引っくり返るトレーニングをしてます。
オヤツで誘導しながら、コロッといくところまでは出来るようになりましたが、まだちょっと時間がかかりそうです。(^_^;)

いろんなことをどんどん吸収して覚えてくれるので、とても楽しみながらできます。
ワンちゃんも頭を使うと、けっこう疲れるようなので、雨の日などお散歩に行かない時は、頭を使わせて、ストレス発散をさせてます。

200種類ほどのトリックが出来るワンちゃんを以前、テレビで見たことがありますが、そこまで出来たらスゴイですよねぇ~!目指せスーパードッグ!!



2005/08/05(Fri)21:50
トレーニングトラックバック(0)コメント(0)
 クローン犬  /2005年08月04日(木)
今日の新聞に「クローン犬 成功」の記事が載ってました。
ソウル大学の研究チームが、哺乳類の中で最も難しいとされるクローン犬を世界で始めて誕生させることに成功したとのことです。
今までクローンは、1996年の羊「ドリー」以来、牛、ハツカネズミ、ネコなどでは作られていたそうです。

雑種犬の卵子から核を除去し、生後3年のアフガンハウンドの皮膚細胞の核を移植してクローン胚を作り、生後4年のレトリーバーの子宮に戻し、そのレトリーバーが子犬を出産したそうです。

何だか難しいことはよく分からないけど、生後3年のアフガンハウンドと、そのそっくりなワンちゃんが誕生したわけですね。写真では生後67日になったクローン犬と親犬が一緒に映ってましたが、本当にそっくりです。

医学の進歩はすごいですねぇ~。しかし、今後このクローン犬はどのように育っていくのかちょっと心配です・・・。

新薬開発や老化や様々な病気のモデル動物づくりに期待されているそうですが、何だか怖い気もしますね。そのうちクローン人間も誕生するのかも?!


2005/08/04(Thu)21:48
記事・ニューストラックバック(0)コメント(0)
 危険物発見?!  /2005年08月03日(水)
ハルは今まで見たことがない物を見ると、すごい勢いで吠え出す時があります。
今日も、玄関でけたたましく吠えるので、何かと急いで見に行ったら、サンダルがひっくり返っていたのです。ただそれだけ・・・。
サンダルの裏の真っ黒になってのが怖いのか、ちょっとでも異変があると、大騒ぎです。

DSC03880.jpg


扇風機を出した時もまた大騒ぎだったし。。。
他にも玄関先に置いておいたゴミ袋、ダンナのカバン、床掃除の道具、ホットプレートなどなど。

しばらくして見慣れると落ち着くのですが、それまでは「危険物発見!」状態で大変なのです。。。


2005/08/03(Wed)21:44
事件?!トラックバック(0)コメント(0)
 セカンド・オピニオン  /2005年08月02日(火)
最近、セカンド・オピニオンという言葉をよく耳にするようになりました。
直訳すれば、「第二の意見」ということです。具体的には、医療の診断や治療方針について主治医以外の医師の意見をいいます。
「主治医に失礼になるのでは」と思われがちですが、日本でもようやくセカンド・オピニオンの大切さが普及し始め、医師達の理解も上がっているので、今はその心配はないようですね。

先日、お腹の中の赤ちゃんに卵巣嚢腫が見つかったので、それが心配で、私もこのセカンド・オピニオンをうけに、大きい病院へ行って来ました。

しっかし、総合病院というのは、本当に待ち時間が長すぎますね。
受付してから、帰るまで、なんと6時間もかかり、ぐったりしちゃいました。

超音波検査や尿検査などをして、結局、先生からのコメントは今、通っている病院の先生と同じ意見で、「今は何も対応が出来ないから、余計な心配はせず、経過を見るしかない」とのことでした。
6時間かけての回答がこれかぁ。とも思いましたが、何より二人の医師が同じ意見だったので、ちょっと安心はしましたね。
2005/08/02(Tue)21:42
妊婦と赤ちゃんトラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。